グラスギャラリーカラニス

カラニスとは・・・

“KARANIS「カラニス」”

「KARANIS」は、紀元1世紀から3世紀にかけて栄えたエジプト北岸のローマングラス交易の中心地。ここで作られたと思われるガラスの皿や小鉢が、奈良県新沢千塚126号墳から出土しています。

“GLASS GALLERY KARANIS”

個展、企画展、常設作品。グラスギャラリー・カラニスでは、年間を通してガラス作品を広くご紹介しています。個展では、作家の創るガラスの世界を、企画展では、テーマによる表現や技法の魅力を、常設作品では、ご家庭使いやご贈答にふさわしい作品、またユニーク な作品も。グラスや器、花器や香水瓶、アクセサリーやとんぼ玉、オブジェやオーナメント。ガラスの魅力をご紹介していきたいと思います。